ソフトクリーム用フレーバーやバニラのような甘いにおい、スウィーツな香りを創ります

株式会社よこやま

無農薬野菜

無農薬 無肥料 野菜

農薬はもちろん化学・有機肥料も施さない自然栽培を追求しています。

20年以上使われていない休耕田を、5年かけて粘土質の水田から微生物の住むふかふかの土へ土壌改良してきました。パーク堆肥、腐葉土、アミノ酸、焼土、ゼオライト、バキュームライト、ココファイバー、コーヒーカス、籾殻くん炭、卵殻、かき殻、貝殻、蟹殻、エビ殻、納豆菌、麹菌、イースト菌、乳酸菌等良いと思われるもの、安全なものをぶっ込んできました。籾殻くん炭はドラム缶で燻してつくります。今や無農薬は当たり前です。有機肥料、オーガニックも悪いものではありません。広島県呉市に道法正徳さんといわれる“無農薬・無施肥”の自然栽培のパイオニアがおられます。「野菜が体内で作り出す植物ホルモンの生成量と働きを、最大限にすることで病気や害虫に強く、収量が増え、野菜本来の味になる“垂直仕立て栽培”」にチャレンジしています。また、人間の“腸内フローラ”と同じように、“土壌フローラ”にすべく微生物、有効菌の棲み処を造っています。青枯れ病等の連作障害も克服しました。同じ地区の自給自足生活で有名な坂本さんが言われるのに、「売らない農業ほど楽しいものはない。」と。畑で丹精込めて作った野菜を直売所に出して、売れ残りに寂しい思いをし、ネット通販会社は賞レースのように生産者を煽りたてるようになり、本来の土と語ることを忘れかけていました。これからは完売できなくてもいい、笑顔で食べていただける野菜作りに精進します。

カリフローレ

特徴

一般的なカリフラワーと比べて茎の部分が細長いスティック状です。
茎に甘味が有り生食でも食べられます。
更にさっとゆでると、より甘さが引き立ちます。

スティッキオ

特徴

スティック状でさわやかなハーブの香りとほのかな甘さ、シャキシャキとした食感が特徴で、生食に適した野菜です。
火を通しても食感は残るので、料理の幅が広がります。

スティック状なので手に取りやすく、サラダやバーニヤカウダー(熱いソースに野菜を浸して食べる料理)など、マヨネーズやソースを付けて食べる料理にも向いています。天ぷらも美味しい。

おいしいレシピ

  • スティッキオ フライ

    材料
    スティッキオ 6本
    小麦粉・パン粉・生卵・水 少々
    レモン汁・塩揚げ油 適量

    調理方法
    ① スティッキオに小麦粉を薄くつける。
    ② 揚げ油を170度目安に加熱する。
    ③ 水で適宜ゆるめた溶き卵に①を浸け、パン粉をまぶす。
    ④ ③を適温に達した揚げ油で、衣がうっすら色かわりする程度まで揚げる。
    ⑤ 油を切って提供する。レモン汁と塩でさっぱりといただく。

  • スティッキオ石焼ガーリックライス

    材料
    スティッキオ 1本
    サラダ油 適量
    ご飯 2膳塩 少々
    にんにく 1片

    調理方法
    ① スティッキオを細かく小口切りにする。
    ② 石焼なべ(もしくはフライパン)を加熱し刻んだにんにくを香りが立つまで炒める。
    ③ ①を②に加え、軽く混ぜる。
    ④ ③にご飯を加え炒め塩で味を整える。

トマトベリー

特徴

糖度は通常のトマトが約6度に対し、9度から10度以上とスイカなみに甘く、トマト特有の青臭さがなく、甘味と酸味のバランスが絶妙、果肉が厚く、果皮が口の中で消えるようなフルーツ・スウィーツ感覚で食べて頂けます。

栄養価も豊富

トマトベリーは、栄養価の高さも魅力で、ビタミンA、ビタミンC、グルタミン酸、アスパラ銀酸、血圧を下げ、肝臓の機能を高める働きがあるといわれるタウリン、強い抗酸化作用を持つリコピンが豊富に含まれています。